CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 日本人の「京都離れ」?宿泊客減少歯止めかからず 外国人客増加で混雑を敬遠か・・・今、京都市はいわゆる「国際都市」状態です。「世界の古都」になりつつあります。 | main | 奨学金の返済が難しい…そんな時に利用できる2つの制度とは?、、、私が学生時代には、返さなくてよい奨学金の種類がかなりあったようで、また、最近、政府は、そのような奨学金を復活させるようです。 >>
合格したら寄付「暗黙の了解」 東京医大の第三者委が追加報告、、、やはり、そうでしたか!
0
    合格したら寄付「暗黙の了解」 東京医大の第三者委が追加報告 3/4(月) 21:32 Yahoo!ニュース 12  東京医科大(東京都)の不正入試問題で、同大は4日、第三者委員会の追加調査報告書を公表した。昨年末に公表した最終報告書で指摘した不正な得点操作と寄付金の関連性について、2人の受験生関係者と合格発表前に寄付金に関してやり取りしたことが「強く疑われる」と指摘。理事長や受験生関係者との間に、優遇を依頼して合格すれば多額の寄付をするという「暗黙の了解」があったと推認している。  同大は昨年12月29日に第三者委の最終報告書を公表した。その中で、臼井正彦前理事長(贈賄罪で在宅起訴)が作成した寄付金と合否の関係を疑わせるメモが見つかったこと、自民党元衆院議員の赤枝恒雄氏が卒業生の子供を合格させるよう臼井氏に依頼していたこと、事前に入試問題を漏えいさせた疑いがあることなどを指摘。文部科学省が追加調査を求めていた。  追加報告書によると、臼井氏のメモには受験生11人の名前が書かれており、いずれも合格した。うち10人が補欠合格で7人は個別の得点操作が疑われるという。  11人のうち10人については、手書きの金額が記載され、5人が実際に納めた寄付金と一致した。「1000万円」と記載された2人は、携帯電話の番号や金額を修正した跡があることなどから、報告書は「合格発表前のやり取りだったことが強く疑われる」と指摘。同窓生らのヒアリングも踏まえ、臼井氏と受験生関係者の間に「何らかの配慮を依頼し、合格したら寄付をするという暗黙の了解が存在していた可能性が否定できない」とした。  赤枝氏の関与については赤枝氏がヒアリングを拒んだ。問題漏えいは認定できないと判断した。【伊澤拓也】 関連記事 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市 教諭の髪切り「不適切」 第三者委が最終報告書 聖マリアンナ医科大、第三者委設置へ 医学部入試で再調査 聖マリアンナ医科大、医学部入試で再調査決定 第三者委を設置 不適切入試否定の聖マリアンナ医科大、文科省が行政指導 第三者委で再調査求める 最終更新:3/4(月) 21:35 毎日新聞 (c) 毎日新聞社
    | - | 22:33 | comments(0) | - |