CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< なぜ小学校教諭は「残業代ゼロ円」なのか・・・孤立無援で戦っているのがさわやかだ!! | main | 興住宅での孤独死が急増 昨年68人、入居後に孤立か・・・このような人たちを救済するのは受け入れた自治体の仕事では? >>
ニューヨークでも追悼式典、400人参加 語り部が登壇・・・淡々とやっている姿に感動します!
0
    ニューヨークでも追悼式典、400人参加 語り部が登壇 3/11(月) 9:14配信 朝日新聞デジタル ニューヨークでも追悼式典、400人参加 語り部が登壇 米ニューヨークでの東日本大震災追悼式典では、地元の日系小中学生らでつくる「風の環少年少女合唱団」が合唱を披露した=10日、鵜飼啓撮影  東日本大震災から8年になるのを前に10日夕、米ニューヨークの教会で追悼式典が行われ、400人余りが参加した。震災の翌年から現地在住の日本人らが中心になってボランティアで開催を続けており、主催者代表で音楽家のAK(アケミ・カキハラ)さんは「もう一度『忘れない』と伝えたい」と呼びかけた。 【写真】犠牲者への祈りを捧げる参加者ら  式典では、宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区で小学5年生のときに被災し、震災体験の語り部としての活動に取り組む三浦七海さん(19)が登壇。家が流され、避難所で16日間過ごした三浦さんは「いつも誰かがうつむいていて、泣いていて、怒っていて、大人は生きる気力を失っていた」と振り返り、「全国、世界からの支援で生きられたと小学生ながら感じた」と語った。  三浦さんは現在、カナダ・トロントでワーキングホリデー制度を利用して働きながら英語の上達を目指しており、将来は英語でも震災体験を語っていきたいと考えているという。(ニューヨーク=鵜飼啓) . 朝日新聞社 【関連記事】 「原子力明るい未来の…」笑われても、伝え残したい教訓 渡辺謙、気仙沼に毎日ファクス「五輪、東北そっちのけ」 闘う町長、記者に遺言 原発事故「死者いない」は間違い 「あの場所で汐凪を」全町避難の町、父は娘を捜し続ける 男として生きるのはもう限界 震災を機に、踏み出した 最終更新:3/11(月) 14:10 朝日新聞デジタル
    | - | 21:03 | comments(0) | - |