CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 多民族国家:国力増強の一方で崩壊の危機も、、、いざの時には、もう手遅れか? | main | 元号に関する有識者懇談会 情報漏えい対策・・・そこまでして安倍さんは名前を残したかったのか?それくらいでしか残らないことを自覚してのことか? >>
候補に挙がった際の元号名・・・「元号」は我が国の伝統と歴史の象徴だ!いきさつは別にしても、大事にしないと・・・。
0
    【図解・社会】候補に挙がった際の元号名(2019年2月) . 候補に挙がった際の元号名 「明治」は11度目の正直=選から漏れた元号案、最多は40回 ※記事などの内容は2019年2月2日掲載時のものです  平成も残り3カ月を切った。「明治」10回、「大正」4回、「平成」は1回。4月1日には新しい元号が発表されることが決まったが、これらの数字はいずれも過去の改元の際に案として出されたものの、不採用となった回数を示す。  元号に詳しい所功京都産業大名誉教授によると、不採用となった回数が最も多いのは「嘉徳」の40回。次いで「寛安」の33回、「建正」の26回が3番手で続くが、いずれもまだ日の目を見ていない。  「明治」は室町時代に2回、江戸時代にも8回候補となった。「大正」は鎌倉時代末期と江戸前期に計4回、「平成」も幕末に候補として浮上した後に採用された。  一部の漢字が何度も使われる傾向もあり、使用回数が多い漢字上位10字(永、天、元、治、応、正、文、和、長、安)を組み合わせた元号は「天応」「元治」などこれまでに41個ある。理論的にはあと49の組み合わせが可能だが、この中でも「文長」(24回)を筆頭に、「永安」(16回)、「文元」(15回)、「和元」(14回)、「安長」(9回)などが過去に複数回、選から漏れている。  一方、「昭和」は初めて候補となり、そのまま採用された。「昭」の字が使われたのも、「平成」の「成」と同様に初めてだった。  元号が付いた主な出来事や事象 大正以降の元号最終案 室町時代中期以降の新出漢字を含む元号 不採用となった回数が多い元号案 候補に挙がった際の元号名 新元号決定の流れ 皇位継承式典の流れ 天皇陛下の退位、皇太子さまの即位に関する流れ あの年に何が起きたか?平成を振り返る10大ニュース(1989〜2018) .
    | - | 16:53 | comments(0) | - |