CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 受験は「考える力」と「教養」で 県立千葉高、ゼミで育む自主自律・・・すばらしい方針と実行とその継続!! | main | 『月曜から夜ふかし』京都府民の「滋賀県口撃」に批判 マツコも「絶対住みたくない」と呆れ・・・これはノーコメント! >>
復活列車待ち…駅守り続ける男性 併設カフェ、熊本地震後も営業・・・・待ち遠しいですね!
0
    復活列車待ち…駅守り続ける男性 併設カフェ、熊本地震後も営業 4/6(土) 8:50配信 西日本新聞 復活列車待ち…駅守り続ける男性 併設カフェ、熊本地震後も営業 全線開通を待つ南阿蘇鉄道の長陽駅で満開となった桜並木。久永操さん(右)は陽気にウクレレを演奏して、花見客をもてなしていた=3日、熊本県南阿蘇村  復活列車を待つ駅舎は、まぶしいほどの桜に彩られていた。熊本地震で被災した南阿蘇鉄道では、全長17・7キロのうち10・5キロが未開通。その不通区間にある長陽駅(熊本県南阿蘇村河陽)にはカフェが併設され、地震後も営業を続ける。手作りのシフォンケーキとひきたてコーヒーが人気で、気さくな店主・久永操(そう)さん(38)が駅を守り続けている。 【写真】熊本城石垣から400年前の人物画 地震による崩落で発見  1928(昭和3)年に開業。かつては阿蘇登山口駅として栄え、近年は高校生や高齢者らが乗降した。駅舎前に広がる桜並木は、地域有志が年々増やし、一直線に500メートル続く。  カフェの開業は2006年。佐賀県出身で高校、大学を米国で過ごした久永さんは帰国後、東京でプログラマーの道を歩み始めたが、迷いの中で両親が移住した南阿蘇村へ。同鉄道各駅では、民間に「管理駅長」を委嘱し、そば店、温泉施設なども運営されていた。久永さんは母親直伝のシフォンケーキを提供するカフェを提案し、開業にこぎつけた。 .  駅店は土日、祝日限定で開き、平日は訪問販売している。そんな営みが軌道に乗り始めた頃、熊本地震があった。妻子らと暮らす自宅は大規模半壊したが、耐震補強していた駅舎は無事だった。  地震後、一家は北九州市にある妻の実家に身を寄せたが、久永さんは何度も村に戻った。最初は水と食料、やがて雨よけのブルーシートや薬、ヘルメット、修理用金具などを抱え、知人らに届けた。  店を再開したのは連休明けの5月。店のポストに、近所の子どもが描いた絵手紙が入っていたのが発端。「また、シフォンケーキが食べたい」。自衛隊の給水で入れたコーヒーを、復旧に追われる人たちに振る舞ったのが一歩だった。 .  地震から3年、同鉄道では2022年度の全線開通に向け、復旧工事が続く。「最初は、いつになったら列車は来るのか、そんなことばかり考えていたが、つらい地震があったからこその出会いもあってね」。久永さんは最近、そう思うようになったという。  駅の線路には雑草が茂らない。ボランティアらが再開を願い、折々に刈ってくれているからだ。列車利用の往来は途絶えたが、周囲に広がる田園風景や、時をのんびり楽しむ常連も増えた。異動の春、共に復興に奔走した知人が転任前、別れを惜しんで訪ねてくれたりもする。  「いろんな人がいて、それぞれに役割があり、駅って、そんな人たちの物語のステージだって思えるんですよ」。久永さんは盛りの桜をしみじみ眺めた。 . 西日本新聞社 【関連記事】 「お連れ様はどちらですか?」妻に先立たれた男性、客室乗務員の対応に… 突然、女子高校生に届いた玄米60キロ...困惑した彼女が気づかされた身近な貧困問題 「おごってくださいよ」うどん店で絡む酔った若者…年配の男性客の対応に感服 「食べさせられませんから」通話中に冷めたラーメン 若い店主の行動に客驚き 「駅のために使ってください」男性が置いていった10万円…その理由に駅員は感激 最終更新:4/6(土) 11:17 西日本新聞
    | - | 11:52 | comments(0) | - |